50代の外来看護師求人

50代の外来看護師求人

50代の看護師は長年積み上げてきた勤務経験に基づく、高い看護技術や知識が備わっている大ベテランとみなされます。しかし、50代になるとさすがに体力の衰えを感じたり、子供が独り立ちして手がかからない、お金の心配も減るなどの理由で、今の忙しい職場では心身ともに疲れるから転職を目指す人が増えます。それまでは、夜勤にある病棟や、気力体力が消耗しやすい救急などの分野で活躍していたけど、少し勤務にゆとりのある外来看護師になりたいという人もいるでしょう。看護師としてのキャリアを活かしつつ、無理なく働ける職場を目指して転職活動を始めるよいタイミングとも言えます。

しかし、20代や30代のように看護経験は多少浅くても、体力がある、年齢的に若い方が長く勤めてもらえるという考え方からすると、50代の外来看護師の求人は限られてくるのが現状です。しかし、中には体力的な面は若い子がカバーするので、若手の教育係として、また若い看護師をまとめる管理職の立場として経験豊富な50代の外来看護師に来てほしいと願う病院もあります。患者数が多いとどうしても外来看護師一人一人が担当する業務が多くなりますが、そこにベテランの50代の外来看護師が一人いるだけで、若手のサポートができたり、効率よく外来患者の診察や処置を進められるなど病院にとってのメリットも大きいと言えるからです。

また、50代の外来看護師の平均年収は約520万円だとされているので、平均よりも年収額が低い場合は老後の蓄えのことも考えて、稼げるうちにお金を貯めておこうという考えから、より給与の高い求人を探すという人もいます。確かに看護師も管理職になれば、給与が高くなり、それなりのやりがいもあります、しかし、管理職は責任が重く、残業なども強いられるので、もう少しゆとりをもって仕事をしたいという人もいるでしょう。そんな時は、日勤のみで、あまり外来が忙しくない眼科や皮膚科などの病院の求人を探すというのも一つの手です。管理職を外れると給与が下がるのは致し方ないですが、自分の納得のいく働き方をするのが一番大事だと言えます。

また50代で外来看護師の転職を考える上で、職場の雰囲気や人間関係を気にするという人も結構多いものです。大ベテランになると、新しい環境で一から人間関係を築き上げていくのは気をつかうし、煩わしく感じる人もいるでしょう。実際に働いてみないとわからない部分もありますが、転職サイトなどを利用して担当者に相談したり、病院に出向いてスタッフ同士のやり取りなどを見てみるのも、職場の人間関係を知るのによい方法だと言えます。自分で納得のいく求人を見つけましょう。

看護師求人外来ランキング!まずは登録してみよう!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※安心のマイナビ系列のサイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※笑顔の転職をフルサポート





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人外来ランキング All Rights Reserved.