子育て支援ありの外来看護師求人

子育て支援ありの外来看護師求人

外来看護師の仕事は、外来患者が多いと残業になったり、総合病院などの病棟や救急外来のある大きな病院だと当番制で夜勤を行う場合もあります。しかし、子供のいる、特に保育園や幼稚園などに通う幼い子がいる場合は、子育て支援のある外来看護師の求人を探すという人も多いものです。子育てと外来看護師という仕事の両立は難しく、子供が急病になると急に休まなければならないし、平日や土曜日の行事なども休暇を申請して参加したいものです。そういった子供の事情で休めたり、勤務を交代してもらえるような職場でないと、子持ちの外来看護師は仕事がしにくいと言えます。

また、当番制といえども月に数回夜勤を課せられると、夜子供を見てくれる人がいない家庭環境だと引き受けることもできません。外来看護師は、病棟看護師と違って基本的には日勤で、日曜や祝日は休みであることを条件とし家庭のある、子供のいる人が希望する場合が多いので、どんな子育て支援を行っているかも把握しておくことが大事です。幼い子がいる人は夜勤を免除したり、残業もなしにするもしくは1ヶ月の残業上限時間を決めているなど、子供の急病の際は休める、通常の勤務時間を短縮して働ける短時間勤務制度など勤務時間に関する子育て支援を行う病院も増えています。

特に幼い子供を持つ看護師が直面するのが、子供の預け先の問題です。保育園も激戦区だとなかなか入園できず、復職するのも難しいのが現状です。しかし、病院の敷地内や提携託児所、保育園などがあったり、院内に託児施設があれば出勤途中で子供を預けることができるし、急病の際もすぐに駆け付けられます。更に、子供が自分の職場にいるという安心感もありますよね。

他にも保育園や学校の学童に預ける際に料金がかかるということで、保育料や学童費をサポートするための補助金制度を設けている病院も増えています。働く女性を支援するという社会の流れに沿って、外来看護師の子育てと仕事の両立をサポートしていこう、復職をスムーズにして離職する人を減らそうという動きも活発化しています。子供がいて外来看護師として働くのは不安だという人でも、手厚い子育て支援のある求人を探せば両立も可能です。子供が幼いうちは正社員やフルタイムでの勤務も難しいので、勤務時間が短く区切られるパートで働きながら子育て支援制度を利用しましょう。そして、子供が小学生や中学生になった時点で働き方を見直していくという形をとれば、無理なく仕事も続けられると言えます。

看護師求人外来ランキング!まずは登録してみよう!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※安心のマイナビ系列のサイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※笑顔の転職をフルサポート





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人外来ランキング All Rights Reserved.