日勤のみの外来看護師求人

日勤のみの外来看護師求人

日勤のみの外来看護師求人については、まず抑えておきたいのは職場の営業形態です。日勤専従の求人が多いのは、まずは入院設備がない医療施設です。そして、夜勤が不要な施設です。これにあてはまるのは診療所やクリニックが多いです。このほかにも、夜勤がつきものの大病院であっても、日勤は日勤専従の看護師、夜勤は夜勤専従の看護師をそれぞれ雇い、勤務体系を人によって明確に分けているところも出てきています。このような病院は求人サイトで検索をかければたくさんあることがわかります。検索条件の中に「日勤のみ」という項目がたいていあり、それを選択して検索をかければ一覧がでてきます。そこで個々の求人を見ていき、日勤専従の理由をきちんと確認しましょう。

その他の医療機関としては、保健所、企業の医務室などが日勤のみです。外来からは外れてしまいますが、このような職場でも日勤専従であることは覚えておいて損はないでしょう。その他、学校の保健室での勤務、保育園での勤務も同じです。これらの職場では子どもの健康管理が主な仕事であり、子どもが帰ったあとは基本的に仕事はなくなります。自然と日勤専従になるということがよくわかります。他にも、高齢者施設などでも、日勤専従のところは多いです。もう1つ言えば、外来の病院でもあてはまることですが、パートやアルバイトで勤務する方法です。この場合、日勤だけで数時間働くというのが一般的です。一方で、夜勤専従のアルバイトもあります。自分の生活に合わせて柔軟に対応してくれるのがこのような働き方です。

夜勤の大変さは看護師の誰もが経験しているので、日勤のみの仕事は自然と人気が高まっています。中でも、待遇のいいところでは、正職員として3交代をこなしている看護師と同じような待遇を受けられ、その上で日勤だけでいいという職場です。このような職場は競争率が高くなっています。似たようなところとして、アルバイトでの勤務形態ではあるものの、勤務時間を一定時間超えれば、福利厚生が整っていて、ボーナスももらえて夜勤はしなくていいところもあります。

一方で外来勤務は、自宅療養をする患者さんに対して適切なアドバイスを行っていくので、それなりの経験とスキルが必要です。日勤を望むにしても、まずは外来勤務が務まるかどうかが重要になります。逆に言えば、経験とスキルがしっかりしていれば病院でも採用しやすく、こちらの要望にも対応してくれます。日勤専従の外来勤務は求人サイトの検索条件を使って簡単に探すことができますし、転職サイトなどで相談をするのもいいでしょう。

看護師求人外来ランキング!まずは登録してみよう!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※安心のマイナビ系列のサイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※笑顔の転職をフルサポート





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人外来ランキング All Rights Reserved.